メニュー対策

モテモテ居酒屋集客研究所

HOME

メニュー対策

【小さな飲食店のメニュー表作りのポイントを徹底解説したオリジナル教材を発売中です】

メニュー表で最も訴えるべき内容、1番目立たせる商品、商品分類(カテゴリー)の仕方、商品名や商品説明文のポイント、価格設定の考え方、平均単価やお客様一人当たりの注文点数を上げるためのテクニック等、「売れるメニュー表」作りのポイントを、具体的に分かりやすく説明しています。

A4サイズ48ページのボリュームで1980円とリーズナブル。 詳細は下のバナーをクリックしてご覧ください!

客単価アップマニュアル



メニュー対策
メニュー集客概論 メニュー表(メニューブック)対策

 

メニュー対策メニュー対策と言っても、私はプロの料理人ではないので、食材や調理法、味付け等についてではなく、ここでは、もっと大局的な戦略についてお話ししていきましょう。

たくさん集客するためには、料理が美味しい事が重要なのは当然ですが、それはあくまでも必要条件の1つであって、それだけでは十分とは言えません。

当研究所のある南流山は、いわゆる繁華街というものは存在せず、数十店の飲食店が点在するだけです。そんな小さな街にも、そこそこ美味しい料理を出す店が数店舗はありますが、それらの店が全てお客で溢れているかと言えば、そんなことは決してありません。

反対に、「あの店美味しいのに、どうしてそんなに流行ってないんだろう?」と首をかしげたくなる店の方が多いくらいです。

それには、当然いくつもの要素が複雑に絡み合った原因があるのですが、ことメニューに関してだけ言えば

「いったい何のメニューが美味いのか、外からではさっぱり分からない。」
「いつも同じメニューのため、マンネリ化に陥っている。」
「たまに新しい商品をリリースしたとしても、伝え方が下手。」

などという理由で、たくさんのお客を失っているケースがよく見られます。

料理が美味しいかどうかは、実際に来店して食べてみないと分からないし、仮に美味しい店だと感じたとしても、よほどの病みつきメニューに遭遇でもしない限り、10回も同じものを食べれば、料理そのものには飽きが来ます。

そんな中で、「食べてもらえば美味さを分かってもらえる。」「うちは料理には自信がある。」などと、あぐらをかいていては、たまたま来店してくれた新規客と、せいぜい数回来店のお客にしか通用せず、常連客をザルの網目から、ドバドバこぼしているようなものなのです。

つまり、より多く集客するためには、まず、美味しそうな店と思わせ、且つ、実際に料理のレベルが高く、且つ、常に新しい商品を提案し続け、且つ、それを上手にお客に知らせる(勧める)ことが必要になってくるのです。

メニュー対策
メニュー集客概論 メニュー表(メニューブック)対策

 


メルマガ登録

当サイトを運営する「モテモテ居酒屋集客研究所」が発行する無料メールマガジン、「小さな飲食店がモテモテになる方法」では、小さな飲食店が繁盛するために必要な

新規客獲得方法、リピーター対策、メニュー対策、客単価アップ対策
飲食店関連ニュース、販促・メニュー事例、ツールや教材の紹介

などの情報を、週に1~2回の頻度で無料配信していきます。

今なら、読者登録していただいた方、全員に、客単価アップマニュアル「小さな飲食店が、今すぐできるかんたん客単価アップ法33連発!」のダイジェスト版(PDFファイル・A4版21ページ)を無料プレゼント中です。

購読解除も簡単に出来ますので、下のフォームより、お気軽にご登録ください。

メールマガジン登録
メールアドレス
お名前
業種
powered byメール配信CGI acmailer

関連サイト

モテモテ居酒屋の集客ガイド

当サイトを運営する、モテモテ居酒屋集客研究所の公式サイトです。集客サービスの詳細をご覧ください。

FACEBOOKページ

飲食店の集客に関するニュース、居酒屋等の販促、広告事例などを紹介しています。ぜひいいね!をお願いします。

サイト内検索

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

↑ PAGE TOP